重要!下りの車が上りの車に進路をゆずる

自動車を運転していると坂道を走行するケースも多いですが、坂道にはその坂道を駆け上がる上りとその坂道を下る下りの両方向が存在します。たまに狭い坂道で、自動車同士のすれ違いが発生する事が起きる場合がありますが、その場合、下りから来た自動車が上りから来る自動車のために進路を譲るという重要なルールが存在します。

その理由としては幾つか考えられますが、まず坂道を下る方が坂道を上るより視界が広がっていて安全面の確保がしやすい点があるからです。また現在でこそAT車が普及して坂道発進を考慮する必要性が薄れましたが、以前のクラッチが存在するMT車では坂道で停止した場合、サイドブレーキを上げてから発進する坂道発進をしなければならないからです。

坂道発進はサイドブレーキを上げておき、半クラッチ状態から徐々にサイドブレーキを落としてクラッチを繋げる動作が必要となります。よくMTの免許講習の中でも、坂道発進はかなり難易度が高い講習の一つにもなっているぐらいです。

慣れた人でも技量が必要とされる動作でもあるため、それをしないでただブレーキを踏むか踏まないかだけで自然に走行できる下りの方が譲りやすい面もあります。このように譲りやすさの面からそういったルールがありますので、相手の立場に立った走行ということで認識されているルールの一つです。

Comments are closed.