障害物がある場合の走行法

自動車を走行させていると、道路の前方に障害物を見つけることがあります。ゴミなどが飛んできたものや、トラックなどの積み荷が落下しているもの、風などによって飛来した廃棄物なども目にすることができますが、ビニール袋などの比較的軽量で小さなものも多く見かけることができます。そんな中、運転を安全に行うためには、小さな物であっても障害物として認識した際には、避けて走行することが良い方法になります。小さな廃棄物であってもタイヤなどに損傷が発生してしまう可能性を持っており、ビニール袋などの場合でも、排気系のパーツに絡んでしまった場合では、熱によって焼けてしまうこともあり得ます。この場面での走行方法としては、障害物を避けるために左右に自動車を寄せて走行させることが必要になりますが、この際には前後左右の自動車の状態を見極めることが必要になります。十分な車間距離を保つことによって、早期発見を行うことができますが、避けて走行する場面では、特に左右や後続車両と衝突してしまうことが無いように、十分に注意することが何よりです。また、非常に大きな物が道路上に置かれている場合では、後続車も衝突してしまうことが無いように注意喚起を行うことも良い方法です。

Comments are closed.