側方間隔の保持

車の運転を行う際には、自分の回りの状況に常に気を配り、安全に運航することを心がけなければなりません。
しかし、免許をとって間もない初心者は、車の操作や車両感覚に不慣れな部分があり、こうした安全な運行をスムーズに行うのが難しいということがあります。
初心者が中々なれないものの一つに、側方間隔の保持が挙げられます。
これは道路上に障害物や車両の進行の妨げになる可能性のものがある際に、安全な間隔を空けて走行することです。
電柱や標識など、対象が動かないものであれば最低でも50センチの間隔を空ける必要がありますし、歩行者など動くものであれば1mは間隔を取らなければなりません。
しかし、初心者は特に車両の左側の距離感覚がつかみにくいため、こうした安全な側方間隔を保持することができないことがあります。
あまりに間隔を取り過ぎても、他の車線を走行する車両の妨げになりますし、対象に近すぎると衝突してしまう恐れがあります。
特に小さい子供やお年寄りなど、予測出来ない動きをする可能性のある場合には注意が必要です。
こうした時は、間隔を空けるだけでなく、十分に減速し、不意の動作にも対応できるようにすると共に、助手席に熟練者を同乗させ、間隔のアドバイスをしてもらうのも有効です。

Comments are closed.