追い越しの方法

クルマを運転しているときに、前方を走っているクルマが遅いときは、一定の条件において追い越すことが許されています。追い越しの方法は、まず前方及び後方の安全を確かめます。安全を確かめた上で、右に方向指示器を出します。3秒後にゆっくりと右側から追い越すようにします。決して左側から追い越すようなことがあってはなりません。左側を通って追い越すことができるのは、右折のために停車しているクルマを追い越すときだけです。

また、その際の速度は、制限速度内でなければなりません。しかし、実際にはそれ以上のスピードとなってしまうことが多いので注意しましょう。前方のクルマを追い越した後は、車両感覚が十分にあることを確認してから、左側に方向指示器を出しながら、ゆっくり進路を左に戻していきます。

しかし、前方のクルマを追い越すことができない場合もあります。それは追い越し禁止レーンであるときです。黄色い車線の場合、禁止レーンとなります。禁止レーンは追い越すのが非常に危険な道路に設定されます。したがって、前方のクルマが遅くても、禁止が解除されるまで待っていなければなりません。なお、追い越される側のクルマも、追い越されている間はスピードを上げてはなりません。

Comments are closed.