追い越しが禁止される場合

観葉植物04転中の追い越しは、標識や標示で示されている場所や上り坂の頂上付近、車両通行帯が設けられていないトンネルの中など、法律により禁止となっている場所で行うことは当然できません。しかし、法律で禁止となっていない場所でも、周囲の交通の状況によっては追い越しが禁止となることもあります。
追い越しが禁止となる場合としてまず挙げられるのは、二十追い越しです。これは、前の車両が自動車を追い越そうとしているときに追い越しをかける行為を指しますが、これは前の車両が自動車ではなく原付自転車や自転車などの軽車両だった場合にも適用されます。しかし、前の車両が原付自転車もしくは軽車両を追い越そうとしている場合は、二重の追い越しにはあたらず、交通違反にはなりません。
追い越しが禁止となるケースはこの他にも、前の車両が右折などを行うために右側に進路変更をしようとしている場合や、追い越しによって反対方向からやってくる車両の進路が妨げられる場合、進路変更をして前の車両を追い抜いても、追い抜いた車両の進行を妨げなければ左側の車線に戻ることができない場合、自分の後ろを走行している車両が自分の車両を追い越そうとしている場合などがあります。

Comments are closed.