道路右側部分へのはみ出し追い越しの禁止

自動車教習所で追い越しについて学ぶときに、特に覚えにくくて間違えやすいのが「道路の右側部分へのはみ出し追い越し禁止」の解釈です。なぜ間違えやすいのかというと、補助標識や標示の有無で、その区間における追い越しのルールがかなり変わるからです。
道路上を走行中に追い越しの操作を行う際、右側にはみ出して追い越すことができないのは、道路標識で示されている場所、中央線が橙色の実線になっている場所、道路の幅が6m以上あって中央線が白色の実線になっている場所です。これらの場所では、前方にどんな種類の車両が走行していても、中央線を踏み越えて前方の車両を追い越すことはできません。
ただし、行ってはならないのはあくまではみ出し追い越しの行為であり、中央線を踏み越えなければ追い越しは可能です。しかし、追い越す際には、自分の車両の幅、前方の車両と中央線の間隔、そして周囲の状況を確認し、十分安全だと判断したときに実施しなければなりません。
一方、追い越し禁止の補助標識や標示がある区間では、追い越しの行為そのものができません。しかし、前方に軽車両がいる場合は例外で、この車両を追い越すために進路変更を行うことができ、右側部分にはみ出しても問題はありません。

Comments are closed.