Archive for the ‘未分類’ Category

重要!下りの車が上りの車に進路をゆずる

自動車を運転していると坂道を走行するケースも多いですが、坂道にはその坂道を駆け上がる上りとその坂道を下る下りの両方向が存在します。たまに狭い坂道で、自動車同士のすれ違いが発生する事が起きる場合がありますが、その場合、下りから来た自動車が上りから来る自動車のために進路を譲るという重要なルールが存在します。

その理由としては幾つか考えられますが、まず坂道を下る方が坂道を上るより視界が広がっていて安全面の確保がしやすい点があるからです。また現在でこそAT車が普及して坂道発進を考慮する必要性が薄れましたが、以前のクラッチが存在するMT車では坂道で停止した場合、サイドブレーキを上げてから発進する坂道発進をしなければならないからです。

坂道発進はサイドブレーキを上げておき、半クラッチ状態から徐々にサイドブレーキを落としてクラッチを繋げる動作が必要となります。よくMTの免許講習の中でも、坂道発進はかなり難易度が高い講習の一つにもなっているぐらいです。

慣れた人でも技量が必要とされる動作でもあるため、それをしないでただブレーキを踏むか踏まないかだけで自然に走行できる下りの方が譲りやすい面もあります。このように譲りやすさの面からそういったルールがありますので、相手の立場に立った走行ということで認識されているルールの一つです。

障害物がある場合の走行法

自動車を走行させていると、道路の前方に障害物を見つけることがあります。ゴミなどが飛んできたものや、トラックなどの積み荷が落下しているもの、風などによって飛来した廃棄物なども目にすることができますが、ビニール袋などの比較的軽量で小さなものも多く見かけることができます。そんな中、運転を安全に行うためには、小さな物であっても障害物として認識した際には、避けて走行することが良い方法になります。小さな廃棄物であってもタイヤなどに損傷が発生してしまう可能性を持っており、ビニール袋などの場合でも、排気系のパーツに絡んでしまった場合では、熱によって焼けてしまうこともあり得ます。この場面での走行方法としては、障害物を避けるために左右に自動車を寄せて走行させることが必要になりますが、この際には前後左右の自動車の状態を見極めることが必要になります。十分な車間距離を保つことによって、早期発見を行うことができますが、避けて走行する場面では、特に左右や後続車両と衝突してしまうことが無いように、十分に注意することが何よりです。また、非常に大きな物が道路上に置かれている場合では、後続車も衝突してしまうことが無いように注意喚起を行うことも良い方法です。

側方間隔の保持

車の運転を行う際には、自分の回りの状況に常に気を配り、安全に運航することを心がけなければなりません。
しかし、免許をとって間もない初心者は、車の操作や車両感覚に不慣れな部分があり、こうした安全な運行をスムーズに行うのが難しいということがあります。
初心者が中々なれないものの一つに、側方間隔の保持が挙げられます。
これは道路上に障害物や車両の進行の妨げになる可能性のものがある際に、安全な間隔を空けて走行することです。
電柱や標識など、対象が動かないものであれば最低でも50センチの間隔を空ける必要がありますし、歩行者など動くものであれば1mは間隔を取らなければなりません。
しかし、初心者は特に車両の左側の距離感覚がつかみにくいため、こうした安全な側方間隔を保持することができないことがあります。
あまりに間隔を取り過ぎても、他の車線を走行する車両の妨げになりますし、対象に近すぎると衝突してしまう恐れがあります。
特に小さい子供やお年寄りなど、予測出来ない動きをする可能性のある場合には注意が必要です。
こうした時は、間隔を空けるだけでなく、十分に減速し、不意の動作にも対応できるようにすると共に、助手席に熟練者を同乗させ、間隔のアドバイスをしてもらうのも有効です。

追い越しの方法

クルマを運転しているときに、前方を走っているクルマが遅いときは、一定の条件において追い越すことが許されています。追い越しの方法は、まず前方及び後方の安全を確かめます。安全を確かめた上で、右に方向指示器を出します。3秒後にゆっくりと右側から追い越すようにします。決して左側から追い越すようなことがあってはなりません。左側を通って追い越すことができるのは、右折のために停車しているクルマを追い越すときだけです。

また、その際の速度は、制限速度内でなければなりません。しかし、実際にはそれ以上のスピードとなってしまうことが多いので注意しましょう。前方のクルマを追い越した後は、車両感覚が十分にあることを確認してから、左側に方向指示器を出しながら、ゆっくり進路を左に戻していきます。

しかし、前方のクルマを追い越すことができない場合もあります。それは追い越し禁止レーンであるときです。黄色い車線の場合、禁止レーンとなります。禁止レーンは追い越すのが非常に危険な道路に設定されます。したがって、前方のクルマが遅くても、禁止が解除されるまで待っていなければなりません。なお、追い越される側のクルマも、追い越されている間はスピードを上げてはなりません。

道路右側部分へのはみ出し追い越しの禁止

自動車教習所で追い越しについて学ぶときに、特に覚えにくくて間違えやすいのが「道路の右側部分へのはみ出し追い越し禁止」の解釈です。なぜ間違えやすいのかというと、補助標識や標示の有無で、その区間における追い越しのルールがかなり変わるからです。
道路上を走行中に追い越しの操作を行う際、右側にはみ出して追い越すことができないのは、道路標識で示されている場所、中央線が橙色の実線になっている場所、道路の幅が6m以上あって中央線が白色の実線になっている場所です。これらの場所では、前方にどんな種類の車両が走行していても、中央線を踏み越えて前方の車両を追い越すことはできません。
ただし、行ってはならないのはあくまではみ出し追い越しの行為であり、中央線を踏み越えなければ追い越しは可能です。しかし、追い越す際には、自分の車両の幅、前方の車両と中央線の間隔、そして周囲の状況を確認し、十分安全だと判断したときに実施しなければなりません。
一方、追い越し禁止の補助標識や標示がある区間では、追い越しの行為そのものができません。しかし、前方に軽車両がいる場合は例外で、この車両を追い越すために進路変更を行うことができ、右側部分にはみ出しても問題はありません。

追い越しを禁止している場所

???????????????

追い越しを禁止している場所は、道路上のいたるところにあります。最も分かりやすいのは「追い越し禁止」や「追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止」の標識や標示がある場所で、交差点や横断歩道、踏切の手前30mまでの部分についても車両通行帯が白色もしくは橙色の実線で標示されているため分かりやすい場所とあるといえます。しかし、追い越しが禁止になっている場所はこのような明示されている場所以外にもたくさんあります。
例えば、上り坂の頂上付近は周囲に明示されているものがなくても追い越しをすることができません。坂の頂上付近は前方の車両や対向車の様子が確認しにくい見通しの悪い場所であるためで、通常は徐行をしなければならない場所となっています。急勾配の下り坂についても、加速がつきやすく走行速度が増して危険性が増すため、追い越しは禁止されています。また、車両通行帯が無いトンネルも、内部が暗くて周囲の状況を確認しにくいため、明示するためのものが設置されていなくても追い越しができません。ただし、高速道路や一般国道上に設置されていることが多い、車両通行帯が設けられているトンネルであれば、内部を走行中に追い越しを行うことができます。

追い越しが禁止される場合

観葉植物04転中の追い越しは、標識や標示で示されている場所や上り坂の頂上付近、車両通行帯が設けられていないトンネルの中など、法律により禁止となっている場所で行うことは当然できません。しかし、法律で禁止となっていない場所でも、周囲の交通の状況によっては追い越しが禁止となることもあります。
追い越しが禁止となる場合としてまず挙げられるのは、二十追い越しです。これは、前の車両が自動車を追い越そうとしているときに追い越しをかける行為を指しますが、これは前の車両が自動車ではなく原付自転車や自転車などの軽車両だった場合にも適用されます。しかし、前の車両が原付自転車もしくは軽車両を追い越そうとしている場合は、二重の追い越しにはあたらず、交通違反にはなりません。
追い越しが禁止となるケースはこの他にも、前の車両が右折などを行うために右側に進路変更をしようとしている場合や、追い越しによって反対方向からやってくる車両の進路が妨げられる場合、進路変更をして前の車両を追い抜いても、追い抜いた車両の進行を妨げなければ左側の車線に戻ることができない場合、自分の後ろを走行している車両が自分の車両を追い越そうとしている場合などがあります。

追い越しと追い抜きの違い

観葉植物03クルマを運転中、前方を走っているクルマより先に行くことを、追い抜きあるいは、追い越しといいます。この二つの言葉はよく似ているのですが、同じ意味の言葉ではありません。それぞれの違いがわかりますでしょうか。自動車免許取得の学科試験では、よく出る問題です。まず、追い抜きですが、これは進路を変えないで、前方のクルマよりも前に出ることを言います。たとえば2車線の道路や、幅の広い道路において、これが可能です。高速道路などでは、右側のレーンが追い抜きレーンとなっています。

方や、追い越しですが、こちらは車線を変更して前方のクルマよりも前に出ることを言います。その際には、対向車線にはみ出して追い越していくことになりますので、対向車がいないかどうかよく確認することが大切です。追い越しを行うにあたって、いくら前方を走っているクルマの速度が遅くても、黄色の線が引かれた追い越し禁止の道路では、追い越しをすることができません。さらに、前方のクルマが制限速度で走行している場合も、追い越しをかけるときに、スピードオーバーとなりますので注意が必要です。また峠道のようにカーブが重なり、対向車が来ているかどうかわからないような道路でも無理をしないようにしましょう。

追い越しの禁止

観葉植物02追い越しは前方に車がいる時に、進路変更を行って車の側方を通って、車の前方に出る運転操作のことを指します。ただし、この操作はどこでも行って良いわけではなく、道路の状況や走行する場所によっては、事故につながるなどの理由で追い越しをしてはならないこととなっています。
追い越し禁止場所として指定されているのは、標識や標示で示されている場所、道路の曲がり角とその付近、交差点・踏切・横断歩道・自転車横断帯とその手前30mまでの区域、上り坂の最高点付近と急勾配の下り坂、車両通行帯が無いトンネルの中などです。また、禁止場所として指定されていない場所でも、前方の車が進路変更をしようとしている時や別の車を追い越そうとしてる時、後方の車が進路変更して自分の車を追い越そうとしている時などは、前方を走る車を追い越すことはできません。車を追い越す際は大抵は進路変更の操作を伴っており、道路交通法により不必要な進路変更は行ってはならないことが規定されていることから、車を追い越す操作についても周囲の状況からみて必要であると判断できる場合のみに行うべきです。
なお、追い越すことができない場所や状況で前方の車を追い越す様子を交通違反の取り締まりを行っている警察官にみつかった場合、2点の違反点数が加算され、車種に応じて6,000~12,000円の反則金の納付をうながされるので、車を追い越す際にもルールは必ず守りましょう。