追い越しと行き違い

観葉植物01運転中、他の車が関係した状況で危険になる恐れがあるものとしては、追い越しと行き違いがあります。
どちらを行う場合でも操作を誤ると危険を招く恐れがあるので、関連した交通法規や注意点をよく守って操作を行うようにしてください。
まず追い越しにおいて注意すべきことは、標識で禁止されている場所では行わないようにすること、道路の曲がり角近くでは行わないこと、上り坂の頂上付近では注意することなどがあります。
さらに、勾配の急な登り坂、トンネル内、交差点とその手前30メートル以内の場所、踏切ととその手前30メートル以内の場所、横断歩道などでは、一部の例外を除いては行ってはならないので、注意しておいてください。
次に行き違いで注意すべきことですが、この場合は常に安全性を意識した操作を行うということが重要になります。
例えば、坂道において行違いをするときは、待避所がある場合を除いては、下り坂の車が上りの車をゆずるようにしなければなりません。
また、片側が崖になってるところでは、上下に関係なく、いつも崖側の車が停止してやり過ごすようにしなければなりません。
以上のような点に注意しながら安全な操作を行うようにしてください。